大阪大学近代文学研究会

本研究会は、日本近現代文学を研究対象とする大阪大学大学院の院生(博士前期・後期課程)及び修了生を中心に構成されています。 会誌『阪大近代文学研究』(年1回/3月刊行)の発行を中心に活動を行っています。

平成30(2018)年度 大阪大学国語国文学会

平成30年度の大阪大学国語国文学会総会を下記の要領で開催致します。

日時 平成30年1月6日(土)13:00~(受付12:30~)
会場 :大阪大学豊中キャンパス 文法経講義棟 文41講義室


研究発表(13:05~)
  院政期歌合における判者歌の利用          
                                                             本学大学院博士後期課程  北島 紬   
  
        近世期の漢語受容における振り仮名の果たした意義  
                                                             本学大学院博士後期課程  久田 行雄
  
       『辻馬車』に見られる〈芥川龍之介

                ―藤沢桓夫「ミンナの恋」における理性の位置づけを出発点として―  
                                本学大学院博士後期課程  李 慧珏
講演(15:25~)
  文学研究と歴史・有職 ―尾張藩有職家神村正鄰の紹介を兼ねて―  
                                                                                 本学准教授       勢田 道生

  キリシタン語学書の展開
                  ―ジョアン・ロドリゲスとアレクサンドル・ド・ロード― 
                                                                                   本学准教授  岸本 恵実

総 会(17:40~)

懇親会(18:15~) 大阪大学豊中福利会館3階食堂


【問い合わせ先】
〒560-8532 豊中市兼山町1-5 大阪大学大学院文学研究科
日本文学・国語学研究室内 大阪大学国語国文学
Tel/Fax 06-6850-5111

論文掲載情報(2017年12月)

『語文』第109輯(大阪大学国語国文学会、2017年12月)

 

アブラル バスィル  永井荷風『ひかげの花』論

             ―〈小説〉と〈手紙〉を中心に―

 

小田桐 ジェイク      紹介「伊井春樹著『小林一三は宝塚少女歌劇に

                       どのような夢を託したか』

論文掲載情報(2017年10月)

『日本研究論集』第16号(チュラーロンコーン大学・大阪大学、2017年10月)

 

杲 由美          村松梢風「綾衣絵巻」における挿絵の意義 (1-23)


斎藤 理生         織田作之助『清楚』論          
              ー「大阪新聞」を手がかりにー (24-39)


小田桐 ジェイク   太宰治津軽』における『思ひ出』の引用とその効果 (63-83)

 

 

※同誌のバックナンバーについてはこちら
 (チュラーロンコーン大学文学部東洋言語学科日本語講座HP)

学会発表情報(2017年12月)※11月17日追記

当会所属の大学院生が以下の学会で研究発表を行います。

 

第54回 阪神近代文学会2017年度冬季大会

日時 2017年12月2日(土) 13:00~17:00

会場 神戸海星女子学院大学 4階 1404教室

 

小田桐 ジェイク  

   変貌する太宰治津軽』 ーパラテクストから読解へー

 

※発表要旨ならびに当日のプログラムはこちら阪神近代文学会HP)

 

和文学会 第61回研究集会

日時  2017年12月9日(土) 13:30~

会場  専修大学神田キャンパス 2号館208・209教室

 

福田 涼

   三島由紀夫「祈りの日記」論 ー「日記」という型式をめぐってー

 

※発表要旨ならびに当日のプログラムはこちら(昭和文学会HP)

学会発表情報(2017年11月分)

当会所属の大学院生が以下の学会にて研究発表を行います。

 

日本近代文学会関西支部2017年度秋季大会

日時 2017年11月11日(土) 13:00~

会場 近畿大学東大阪キャンパスA館3階301教室

 

アブラル・バスィル  

   永井荷風「花瓶」論 ー「花瓶」の象徴性をめぐってー

 

※発表要旨ならびに当日のプログラムはこちら(日本近代文学会関西支部HP)

共同研究会「方法論の再検討─1930-40年代の日本文学研究」のお知らせ

方法論の再検討―1930-40年代の日本文学研究

 

日時:2017年9月15日(金)14:00~16:30    
会場:大阪大学 豊中キャンパス 
          文法経本館2階大会議室

1.報告
  斎藤理生(大阪大学
 「評釈と作品論とのあいだ
          ─太宰治と新聞記事/小説を中心に」
 平浩一(国士舘大学
 「近代日本文学と横断の問題
             ―山本有三の調査・研究を事例に」
 松本和也神奈川大学
 「文学研究としての昭和10年
                             ─ねらいと方法」
2.討議

 

※キャンパスマップはこちら

『阪大近代文学研究』(第16号)執筆者募集

『阪大近代文学研究』の執筆者を募集いたします。


次号(第16号)に執筆をご希望の方は、10月末までに原稿を下記連絡先までお送りください。その際、原稿2部にCDもしくはUSBメモリを添えてください。詳細につきましては「投稿規定」をご覧下さい。


編集委員による査読の後、改めてお返事を差し上げます、第16号は、2018年3月刊行予定です。


《原稿の送付先》

〒560-8532  

大阪府豊中市兼山町1-5

大阪大学大学院文学研究科 日本文学・国語学研究室内

「阪大近代文学研究」編集委員