大阪大学近代文学研究会

本研究会は、日本近現代文学を研究対象とする大阪大学大学院の院生(博士前期・後期課程)及び修了生を中心に構成されています。 会誌『阪大近代文学研究』(年1回/3月刊行)の発行を中心に活動を行っています。

共同研究会「新聞のなかの文学」のお知らせ

共同研究会「新聞のなかの文学」

日時:8月5日(金) 14:00~17:30

会場:大阪大学豊中キャンパス 文法経講義棟文11教室
(入場無料・事前予約不要)


【発表】

 莊千慧(大阪大学招聘研究員) 14:00~14:50

  朝日新聞文芸欄に見る明治知識人の宗教概念―漱石・古峡・楚人冠 

 

 新井由美(大阪大学助教)   14:55~15:45

  邦枝完二「お傳地獄」の新聞小説挿絵を読む

 

 斎藤理生(大阪大学准教授)  15:50~16:40

  織田作之助『土曜夫人』論―新興地方紙から「読売新聞」へ

 

【総括】 17:00~17:30

 ディスカッサント 松本和也氏(神奈川大学准教授)


※ポスターはこちら

 

学会発表情報

下記の学会に於いて、本研究会所属の学生が発表いたします。

第7回 大阪大学・チュラ―ロンコーン大学 日本文学国際研究交流集会

日時  7月16日(土) 13:00~18:00
会場  大阪大学豊中キャンパス 基礎工学国際棟Σ(シグマ)ホール

 

〈第2ブロック 14:25~15:25〉

李慧珏  雑誌『文芸時代』に見られる芥川龍之介

 

〈第3ブロック〉

福田涼  三島由紀夫「源氏供養」とその周辺

 

*詳しい日程については、以下のポスターをご覧ください。

*過年度のポスターについては、こちらをご覧ください。

 

f:id:handai-kindai:20160707200410j:plain

 

論文掲載情報

「語文」第105輯、大阪大学国語国文学会、平成27年12月


松田正貴   戦時下における「皿」

                             ―草創期『歴程』と高橋新吉『大和島根』についてー

 

平井華恵   紹介  石原深予著『尾崎翠の詩と病理』

学会発表情報

下記の学会に於いて、本研究会所属の学生が発表いたします。

 

平成28年度 大阪大学国語国文学
日時 平成28年1月9日(土)13:30~(受付13:00~)
会場 :大阪大学豊中キャンパス 全学教育推進機構B棟 B218教室

 

川那邉依奈    太宰治『新ハムレット』論-〈対話劇〉という形式に着目して-

 

詳しくはこちらをご覧ください。

(別サイト、大阪大学日本文学・国語学研究室 お知らせ)

 

近代文学研究会のお知らせ

下記の研究会に於いて、本研究会所属の学生が発表いたします。

 

近代文学研究会

日時: 12月12日(土) 13:00~

会場: 伏見いきいき市民活動センター

 

大坂一裕   現在の日常を支えるもの

           ー庄野潤三『夕べの雲』論

 

 

 

 

学会発表情報

下記の学会に於いて、本研究会所属の学生が発表いたします。

 

日本比較文学会第51回関西大会

日時:2015年11月28日(土) 12:00~18:50 

会場:大阪大学 豊中キャンパス


平井華恵  日本近代出版史における雑誌『美術世界』の意義

           ー明治二〇年代における考証の一端をめぐって

(言語文化研究化A棟3階講義室、12:15~12:50)

 

論文掲載情報

「語文」第104輯、大阪大学国語国文学会、平成27年6月

斎藤理生 織田作之助十五夜物語』論

黄如萍  「探偵小説」の方法

        ー坂口安吾「能面の秘密」論ー

アナンド・サンチット

       遠藤周作『わたしが・棄てた・女』論ー「ぼく」の〈平凡さ〉に着目してー

合山林太郎 【紹介】文草の会『菅家文集注釈 文章篇 巻七上』

---------------------------------------------------------------------------------------------

「語学と文学」第51号、群馬大学語文学会、2015年3月

斎藤理生 文学作品の輪郭

        ー『大造爺さんと雁』・『走れメロス』・『パンドラの匣