読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪大学近代文学研究会

本研究会は、大阪大学大学院文学研究科教授・出原隆俊先生、同准教授・斎藤理生先生の御指導のもと、日本近現代文学を研究対象とする大阪大学大学院の院生(前期・後期課程及び卒業生)を中心に構成されています。 研究会会誌「阪大近代文学研究」(年1回/3月刊行)の発行を中心に活動を行っています。

「阪大近代文学研究」バックナンバー(創刊号~第12号)

阪大近代文学研究

 ----------------------------------------------------------------------------------------

第12号(2014年3月)

村岡聖  小杉天外『はやり唄』論 

西尾元伸 泉鏡花『深沙大王』の演出

                       ー〈廻り舞台〉の前後を中心にー  

石原深予 尾崎翠「こほろぎ嬢」論

                        ー精神病、反逆、頭を打たれることー  

 ----------------------------------------------------------------------------------------

第11号(2013年3月)

ウィリヤェナワット・ピヤヌット

      夏目漱石『野分』論ー自分の世界に閉ざされている青年たちー 

莊千慧  漱石の文芸観と心霊学  

村岡聖  志賀直哉「雨蛙」論    

       ―変貌する女・惑乱する男―

石原深予 尾崎翠「歩行」論

       ―おもかげを吹く風、耳の底に聴いた淋しさ―

張麗静  谷崎潤一郎少将滋幹の母』論 

       ―〈母恋い〉の語りに秘められたもの―

田泉   大江健三郎「死者の奢り」論

       ―「奢り」について―

----------------------------------------------------------------------------------------

第10号(2012年3月)

金侖姫  樋口一葉『軒もる月』論

       ―「十二通の文」との対峙―

莊千慧  漱石における心霊主義の受容

       ―「哲学雑誌」を踏まえて―

ホルカ イリナ 

      島崎藤村『ある女の生涯』論ー女の心身について―

西村真由美 

      宮沢賢治セロ弾きのゴーシュ』論ー窓を蹴破る時ー

 ----------------------------------------------------------------------------------------

第9号(2011年3月)

出原隆俊      横光の鷗外翻訳作品等の利用について

ウィリヤェナワット・ピヤヌット

                    夏目漱石彼岸過迄』―「平凡」の中に閉ざされる青年たち―

モハッマド・モインウッディン

                    志賀直哉『流行感冒』論ー「自己」と「他者」を中心にー

稲垣裕子      福永武彦「冥府」論

                         ー不条理演劇という方法の試みー 

 ----------------------------------------------------------------------------------------

第8号(2010年3月)

水野亜紀子    樋口一葉『裏紫』論

                         ー逡巡する姿の形象化をめぐってー

モハッマド・モインウッディン

                      志賀直哉『和解』における〈自己〉ー父子関係を中心にー

古田裕佑        内田百閒「映像」論

                          ー物言わぬ「顔」が語るものー

斎藤理生        太宰治『春の盗賊』の表現構造

岩城佐和        太宰治『女の決闘』考

                           ー語り手「私(DAZAI)」をめぐってー

----------------------------------------------------------------------------------------

第7号(2009年3月)

水野亜紀子    樋口一葉『軒もる月』論

                           ー凝視の先にあるものー

古田裕佑         内田百閒「花火」の土手

                           ー断絶した〈過去〉へ訴求する道ー

張麗静            谷崎潤一郎『不幸な母』論

                          ー「私」が捉える母子の関係

ホルカ・イリナ

                       島崎藤村『嵐』論ー〈父性〉と〈家族〉のあり様についてー

稲垣裕子         福永武彦「廃市」論

                           ー想起される〈現在〉ー

----------------------------------------------------------------------------------------

 第6号(2008年3月)

由美           挿絵画家・名取春仙

                           ー泉鏡花「白鷺」試論にかえてー

黄如萍         志賀直哉「范の犯罪」論

                            ー「無罪」の意味ー

古田裕佑         内田百閒『冥土』における「私」

                            ー自己の写し身との関連についてー

アブドエルマクスード・ワーイル

                       梶井基次郎城のある町にて」論

                           ー峻の〈心〉と「新しい周圍」との関係の観点からー

斎藤理生        太宰治「破産」の構造

----------------------------------------------------------------------------------------

 第5号(2007年3月)

恩田雅和        漱石の落語

水野亜紀子     芥川龍之介『酒虫』論

西村真由美     宮沢賢治シグナルとシグナレス』論

                          ー〈風〉と〈近代化〉をめぐってー

アブドエルマクスード・ワーイル

                       梶井基次郎「冬の蠅」論ー「私の心」と周囲の〈空間〉との関わりー

松本陽子         武田泰淳『審判』論

                         ー「二郎の手紙」をめぐってー

---------------------------------------------------------------------------------------- 

第4号(2006年3月)

恩田雅和     「現代日本の開化」と和歌山

鈴木暁世      鏡の中の幽霊

                        ー明暗における〈記憶〉

西尾元伸      芥川作品の中の〈鏡花〉

                        ー『奇怪な再開』を中心としてー

アブドエルマクスード・ワーイル

                    梶井基次郎「ある崖上の感情」における「窓」に関する一考察

廖秀娟         中島敦「李陵」論

                         ー他者との対峙ー

斎藤理生     織田作之助太宰治

             ー『天衣無縫』『勧善懲悪』における『皮膚と心』『きりぎりす』の摂取ー

---------------------------------------------------------------------------------------- 

第3号(2005年3月)

溝端善子      正宗白鳥『何處へ』論

西尾元伸      泉鏡花 『沼夫人』論

黄如萍       志賀直哉「児を盗む話」論

                          ー父親の〈言葉〉をめぐってー

坂井二三絵   芥川龍之介『お律と子等と』論

                         ー複雑さの中から浮かび上がるもの

松本陽子       武田泰淳『非革命者』論

---------------------------------------------------------------------------------------- 

第2号(2004年3月)

溝端善子       永井荷風『冷笑』論

                          ー思想としての〈冷笑〉ー

斎藤理生       太宰治『女の決闘』の方法

松本陽子       武田泰淳『月光都市』論

岡崎昌宏       辻邦生『嵯峨野明月記』論

徳永光展       倫理の読解から構造の把握へ

                            ー夏目漱石『心』研究史論ー 

---------------------------------------------------------------------------------------- 

創刊号(2003年3月)

小特集 『都の花』 

出原隆俊    『都の花』と『なにはがた』

                           ー〈関西文人〉の位置

屋木瑞穂     『都の花』における〈閨秀小説〉

                           ー女性作家と雑誌メディア

由美       『都の花』の挿絵に関する考察

 

斎藤理生      太宰治『畜犬談』論

                         ー方法としての〈笑い〉

廖秀娟          中島敦盈虚」論

坂井二三絵   夏目漱石の作品における〈衣服〉

                        ー『虞美人草』『三四郎』『それから』『門』を中心にー
 ----------------------------------------------------------------------------------------