大阪大学近代文学研究会

本研究会は、日本近現代文学を研究対象とする大阪大学大学院の院生(博士前期・後期課程)及び修了生を中心に構成されています。 会誌『阪大近代文学研究』(年1回/3月刊行)の発行を中心に活動を行っています。

阪大近代文学研究

『阪大近代文学研究』第14・15号 刊行のお知らせ

『阪大近代文学研究』第14・15号(出原隆俊教授御退休記念号、2017年3月) 杲由美 『絵入草紙 おせん』に関する諸問題 ―昭和初期における文芸書出版の一形態 藤村杏美 宮地嘉六『煤煙の臭ひ』 ―丸田の放浪について― 白崎真亜子 稲垣足穂『一千一秒物語』の本…

「阪大近代文学研究」第13号

「阪大近代文学研究」第13号(2015年3月) ・出原隆俊 「廓内よりの帰り」は朝帰りか? ー「たけくらべ」注釈をめぐってー (1) ・池田弘明 『斜陽』における叔父の機能 (9) ・松田正貴 『残像ーー高橋新吉禅詩集(Afterimages : Zen Poems Shinkichi…

「阪大近代文学研究」バックナンバー(創刊号~第12号)

---------------------------------------------------------------------------------------- 第12号(2014年3月) 村岡聖 小杉天外『はやり唄』論 西尾元伸 泉鏡花『深沙大王』の演出 ー〈廻り舞台〉の前後を中心にー 石原深予 尾崎翠「こほろぎ嬢…

『阪大近代文学研究』投稿規定

『阪大近代文学研究』投稿規定 一.大阪大学近代文学研究会の機関誌として、意欲的な会員のご投稿を歓迎します。 一.投稿論文の採否は、編集委員にお任せください。 一.投稿論文は日本語で縦書きとし、ワープロによる原稿の場合は 一行40字・400行程…