大阪大学近代文学研究会

本研究会は、日本近現代文学を研究対象とする大阪大学大学院の院生(博士前期・後期課程)及び修了生を中心に構成されています。 会誌『阪大近代文学研究』(年1回/3月刊行)の発行を中心に活動を行っています。

論文掲載情報

論文掲載情報(2017年6月分)※9月6日追記

太宰治スタディーズ 別冊 第3巻(2017年6月) 斎藤理生 「火焰木」のなかの「雀こ」ー 附・「火焰木」目次 (pp:20-25) 『語文』(大阪大学)第108輯(大阪大学国語国文学会、2017年6月) (論文) 平井華恵 坪内逍遥『牧の方』の渡邉省亭口絵 ー明治中期…

論文掲載情報(2017年5月)

『阪神近代文学研究』第18号(阪神近代文学会、2017年5月) 李 慧珏 『文藝時代』における芥川龍之介の受容 ー「新感覚派」の直面する問題点と合わせてー (30-43) 『キリスト教文学研究』第34号(日本キリスト教文学会、2017年5月) 斎藤 理生 太宰治の小…

『語文』第百六・百七輯(出原隆俊教授退休記念 日本文学特輯)

『語文』第百六・百七輯(出原隆俊教授退休記念 日本文学特輯) (平成29〈2017〉年3月) 飯倉 洋一 出原隆俊先生をお送りする 坂井 二三絵 尾崎紅葉『三人妻』ー金力とその転倒ー 八木 瑞穂 樋口一葉「大つごもり」論 -松原岩五郎の小説・下層社会…

論文掲載情報

当会に所属する学生の論文が、以下の研究誌に掲載されました。『日本研究論集』第14号(チュラーロンコーン大学・大阪大学、2016年10月) 福田涼 三島由紀夫「源氏供養」論(70~91頁) 李慧珏 雑誌『文芸時代』に見られる芥川龍之介(92~1…

論文掲載情報

「語文」第105輯、大阪大学国語国文学会、平成27年12月 松田正貴 戦時下における「皿」 ―草創期『歴程』と高橋新吉『大和島根』についてー 平井華恵 紹介 石原深予著『尾崎翠の詩と病理』

論文掲載情報

「語文」第104輯、大阪大学国語国文学会、平成27年6月 斎藤理生 織田作之助『十五夜物語』論 黄如萍 「探偵小説」の方法 ー坂口安吾「能面の秘密」論ー アナンド・サンチット 遠藤周作『わたしが・棄てた・女』論ー「ぼく」の〈平凡さ〉に着目してー …